医師が安心してできる資産運用一覧|プロに任せるのがベスト

レディ

小規模物件の探し方

店舗

構想から入居の実現まで

商業が活発に行われている大阪市内では、コンビニや飲食店向けの貸店舗への需要が多く、特にコンパクトサイズの物件が評判です。小規模な店舗であれば地域密着型のビジネスを行うことが可能であり、飲食店の場合には10坪程度の貸店舗を選ぶのが一般的です。そして商品点数を絞り込んでコンビニやドラッグストアが新規に出店する時には、大阪市の繁華街にある30坪程度の物件が手ごろです。コンパクトな貸店舗は賃料が割安な点も魅力ですが、物件を選ぶときには歩行者数が多い地域で、一階部分に注目するのが理想的です。一階部分の物件は歩行者からも非常に目立つので、大阪で新規に店舗をオープンする企業であっても、早期に顧客を確保できるでしょう。一方で小規模な貸店舗に入居する場合には、スペースを有効に活かせるように、店舗デザインにこだわることも重要です。カウンター形式の店舗デザインは、コンパクトな飲食店にも最適であり、大阪では居抜き物件を活用するケースも多いです。物販店が店舗デザインを考える時には、スタッフや顧客の動線を重視して、陳列棚や設備を配置するのがポイントです。繁華街では間口が5メートル未満の貸店舗も多いですが、照明設備にこだわって明るいイメージにすると、集客力が高まるでしょう。けれども来店者数を増やすために一番効果があるのは、店舗の入り口に夜間でも目立つ電飾看板を設置する手法です。電飾看板の設置で視認性を高めることで、立地条件に恵まれていない店舗であっても、来店者と売り上げが増やせるでしょう。